スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アユタヤ時代(アユタヤ中期)

前回に引き続きまして、アユタヤ時代のお話をしていきましょう。

今回は「中期」についてのお話です。「中期」は9代目スバンブリー王家「ボーロマラーチャティラート3世」から始まります。この王は1488年インド洋に貿易拠点を確保しました。

10代目は、同じくスバンブリー王家の「ラーマーティボディ2世」です。ワット・プラシーサンペットとワット・ナー・プラメーンを建立したことでも知られています。

11代目から16代目まで、同じくスバンブリー王家が続きました。

15代目「チャクラパット」はチェディー・シースリヨータイという、王妃の遺骨を祀る仏塔を建て、16代目「マヒントラーティラート」はワット・プーカーオトーンというアユタヤでは第2の高さを誇る仏塔を建てました。

その後、17代目から23代目までは、スコータイ王家が続きました。

18代目「ナレースワン大王」の時には日本の朱印船がアユタヤに来航しました。また、この王はワット・ヤイチャイモンコンというアユタヤでは一番の高さを誇る仏塔を建てています。この建物は、地元の人はワット・ヤイと短く呼んでいるそうです。

21代目「ソンタム」の時は、以前ご紹介しました日本町が急速に発達したと言われています。この王は、使節団を三回に渡って日本へ派遣しました。

22代目「チェターティラート」は、日本人の軍の援助を得て弟を処刑して即位したと言われていますが、最期は自らも処刑されました。

日本だけではなく、時代によってこのように実の兄弟や家族を自分の手によって殺すということが起こることが当たり前であることは、今の時代の私たちにとっては考えられないことですね。ですが、その時代にはその時代の当たり前の考え方というものがありますので、今の私たちの暮らしや考え方が当時の人々には同じように考えられないことかもしれません。

次回は、アユタヤ時代後期についてお話しますね。

メンズエステ
飲むコラーゲン
英語教材 ランキング
即日キャッシング
しみ 化粧品
女性育毛剤
スポンサーサイト
12 | 2010/01 | 02
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

dddaaa

Author:dddaaa
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。